クライアント

長くこの仕事をしているとクライアントの皆様との関係もファミリーと言ったほうがしっくりとくるのかもしれません。だからこそそれに甘んじることなく日々研鑽しより良い医療を提供していきたいと思っています。

子牛の骨折

3週間前に飛節を完全骨折した子牛。人の足でいうなら足の裏のかかとの近く。 生まれて半月位までの子牛なら4週間もギブスをしておけばくっついてしまいます。 さすが子牛は再生力があります。 人なら足を動かさないでと言えるのでしょうが牛はそうはいきません。 それでギブスの中で足を動かそうとして、ここでは飛節がギブスにあたり皮膚が壊死する危険があります。その心配から早めに一度外しました。 付け替えて1週間後にギブスを取る予定です。