馬 皮膚炎 けいくん

繁殖馬のけいくんを自家治療しても治らないようです。

左後ろ足は皮膚炎がひどくて球節を沈下、伸ばすことができません。

 

そこで始めの3日間は抗生物質を注射して、

同時に2週間はアカエゾマツ軟膏を塗布しました。

腫れはかなり引いて、球節は沈下できるようになりました。

けいくんにはアカエゾマツ軟膏が効いてくれることが多いです。

後ろ足を前から撮っています。

左足の腫れもスッキリしました。

About the author: admintaharaguchi

Leave a Reply

Your email address will not be published.